妊婦健康診査料、妊産婦医療費等を助成します

不妊治療費助成

不妊治療費を助成します。

・特定不妊治療
1回15万円上限。初年度は1年度3回まで。2年度目以降は1年度2回まで。

・一般不妊治療(保険適用外の分のみ)
1年度に1回の申請
治療費の1/2で1年度当たり10万円が上限

※通算5年間。特定不妊治療は通算5年間10回助成。
 

妊婦健康診査

医療機関で行う健康診査料の一部を助成します(14回まで)。
 

妊産婦医療費助成

医療費の一部を市が助成します。
・対象者
 五泉市に住所がある妊産婦
・助成期間
 妊娠届出をした月の翌月の初日から出産した月の翌月の末日まで
・助成内容
 病院、医院、歯科医院でかかった自己負担額(健康保険が適用されない医療費及び入院時の食事代は除く)から一部負担額を引いた額を助成します。
 【一部負担額】
  通院 → 1回 530円
   ※1ヶ月に同じ医療機関に4回以上かかった場合、5回目以降無料
   ※お薬代(健康保険が適用された分)は全額助成
  入院 → 1日 1,200円
   
 県内医療機関等の窓口で健康保険証と妊産婦医療費受給者証を提示することで、一部負担金のみのお支払いで受診することができます。
 
 県外の医療機関等や接骨院・整骨院に受診したときは、領収書・妊産婦医療費受給者証・保険証・印鑑・口座が分かるもの(通帳など)・加入している健康保険が発行している支給決定通知書(高額療養費に該当する場合のみ必要となります。)を持参のうえ、市役所こども課または村松支所福祉係で助成の手続きを行ってください。
 ※妊産婦医療費受給者証は妊娠届時に交付します。 
 

妊婦健診通院費助成

妊婦健康診査の通院費を助成します。
・対象者
 五泉市に住所のある妊婦
・助成内容
 1回の妊娠につき、タクシー料金または自動車燃料費助成券7,000円(1枚500円×14枚)を交付します。
・申請方法
 母子手帳交付時に市役所こども課または支所地域振興課で申請を行うことにより、通院の助成券を交付します。
 

妊婦インフルエンザ予防接種助成

インフルエンザ予防接種に対して、年度内に1回予防接種料金の一部を助成します。

妊婦歯科健康診査

妊娠中は様々な母体の変化が起こり、むし歯や歯周病にかかりやすくなっています。また、妊婦さんの口内環境がお腹の赤ちゃんにも影響を与えます。歯科健診・歯科保健指導を受け、お口の中を健康に保ちましょう!

・対象者 : 五泉市に住所のある妊婦(平成26年4月1日以降に母子手帳の交付を受けた人)
・回数、料金 : 妊娠中に1回(出産後には使えません)、無料で歯科健診を受診できます。
・受診の仕方 :
母子手帳の交付の際にお渡しする‘五泉市 妊婦歯科健康診査受診票’を持参し、市が委託している歯科医院で受診してください。委託歯科医院については、受診票の裏面をご参照ください。助成の回数は妊娠期に1回のみで、出産後は使用できなくなりますので、妊娠期の体調がよい時に受診票を使用し、歯科健診を受けることをお勧めします。
 

検索用対象年齢(事業との対象年齢とは、必ずしも一致しない場合があります)

出産前

このページに関するお問い合わせ先

五泉市子育て世代包括支援センター「にこにこスクエア」(五泉市保健センター内)
〒959-1825 新潟県五泉市太田438番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-47-4332

五泉市 村松支所 福祉係
〒959-1705 新潟県五泉市村松乙130番地1 
TEL : 0250-58-7181 FAX : 0250-58-8554

検索条件を変更する

  1. お子様の年齢を確認 お子様の年齢は… ヶ月 です。

    ※年齢で検索する場合は下記の対象年齢をチェックしてください。

  2. 対象年齢をチェック(事業との対象年齢とは、必ずしも一致しない場合があります)
  3. カテゴリーを選ぶ
フリーワード検索
このページの先頭へ戻る